お邪魔者(Saboteur)【ボードゲーム紹介】

~30分

フレデリック モイヤーセン(Frederic Moyersoen)
3~10人   30分   8歳以上

ゲーム概要

「金鉱堀り」か「お邪魔者」のどちらかになって、穴を掘り進み、金鉱を見つけるか、金鉱を見つけないように邪魔を成功させるかというゲームです。

おすすめポイント
  • 多人数でワイワイ楽しめる
  • ルール説明が簡単正体隠匿ゲーム
要検討ポイント
  • 3人以上のプレイヤーが必要(5人以上は欲しいです)

金鉱堀りとなった人はスタート地点から金塊カードまでを通路カードをつなげて、金塊へ達することを目的とします。

左のハシゴがある白枠カードがスタート、右の黄金カード3枚のうち1枚が金塊

ただし、山札が無くなると皆の手札のみしか出せなくなり、手札を出し切っても金塊にたどり着けなかった場合は、お邪魔者チームが勝利となります。

お邪魔者になった人は正体を隠しながらも、お邪魔カードを出していき、金鉱掘りの妨害を行っていくことになります。

3枚のうち左の金塊を見つけるとゴール

通路カード以外に、通路を破壊できる土砂崩れカードや3つの金塊候補の1枚を見れる地図カード、さらには付与された人は通路を置けなくなる、穴掘り道具を破壊するカードがあります。

穴掘り道具を壊された人は、壊された道具に応じた修理カードを自分か誰か他のプレイヤーが出すことで道具破壊カードを取り除けます。

いろいろな特殊カード 赤○が道具破壊、緑○が道具修理

終了と勝利条件

終了条件
  • 3回のラウンドが終了する
勝利条件
  • 終了時、最も金塊の数が多い

ゲームレビュー

ウソつきOK!なゲームなので、お邪魔者になったときは「出せるカードが、なーい!」などと言いながら曲がり道のカードを出したり、「あなたは怪しい!」などといちゃもんをつけて道具破壊カードを出したりするのが楽しいです。

1ラウンドが軽めなので、真面目な金鉱掘りだったラウンドの次は、お邪魔者をしたい!と、ついつい続けてやり続けたくなります。

得点となる金塊カード

連れ合いのちゃーさんは、わかりやすくてすぐにお邪魔者とバレるのですが、バレた後も堂々と邪魔をできるので、それもまた楽しいです。

反対に真面目な子は、邪魔をするのはイヤと思って、お邪魔者になっても妨害したがらないので、お邪魔者になってしまうと楽しめないかもしれませんね。

ただ、ゲームはゲームとして、そういう役割が回ってきても世の中そういうものなのだ、という社会勉強になるかも…いや、ならんか。

金鉱掘りの真面目ドワーフとサボリ(お邪魔)ドワーフ

なんだか、真面目な金鉱掘りのドワーフも、あんまり善人には見えないのが欠点(?)かも。

拡張となる「お邪魔者2」を入れると、さらに役割が増えて面白いですよ。

家族と友人の感想

カイチョ
カイチョ

お邪魔者になったときのスリルが楽しいですね。とはいえ、真面目な金鉱掘りになっても、皆で協力して妨害をかわしながら、金塊へたどり着けたときはうれしい!

ゲーム情報

ゲームデザインフレデリック モイヤーセン(Frederic Moyersoen)
アートワークアンドレア・ボークホフ(Andrea Boekhoff)
制作/販売Amigo
メビウスゲームズ(MobiusGames)
受賞歴など
ゲーム名お邪魔者
原 題Saboteur
プレイ人数3~10人
対象年令8歳以上
プレイ時間30分
参考価格(¥)1,500円

コメント

タイトルとURLをコピーしました