もっとホイップを!(Piece o’ Cake)【ボードゲーム紹介】

~20分

ジェフリー・アラーズ(Jeffrey D. Allers)
2~5人   20分   8歳~

ゲーム概要

ホール状に円にならべた色々なケーキを、プレイヤー分だけ切り分け、ほしい種類のケーキやホイップを取り合うゲームです。

おすすめポイント
  • 他の状況を見ながら、どのケーキを取るかが悩ましい
  • 状況により、食べるか取り置くかが悩ましい
要検討ポイント
  • 可愛い見た目ながら、シビアなピースの奪い合い

11枚のピースを使って、丸いホールケーキをつくります。

美麗なグラフィック チョコケーキ食べたい

取り分け役になった人は、人数分のかたまりになるようにケーキ(ピース)を取り分けます(2人の場合は4つ)。

取り分けが終わったら、取り分け役の次の手番になる人から、順番に取り分けたピースのかたまりをとっていきます。

ピースをとったときにできることは2つあり、その場でそのピースを食べてしまうか、取り置いておくかの2択です。

取り置いたあとでケーキを食べることもできますが、その場合はケーキを取ることはできません。

ケーキを食べると、最終的にピースに描かれているホイップクリーム(白いクリームの絵)の数だけ得点になります。

黄色いのがケーキの山(裏面)

各プレイヤーがケーキを取り終わったら、また同じように丸くなるようにケーキを並べ、取り分け役を次の人に変えてゲームを続けます。

こうして、5回のケーキ取り分けがおわると、ゲーム終了です。

8種のケーキ 点数の数字枚数が入っている 8だと全部で8枚入っている

ゲーム終了時に、もっとも同じ種類のピースを持っているプレイヤーは、そのピースに描かれている数字を獲得します。

11のチョコであれば、11点をもらえます。

また、2人以上が同枚数をもっている場合は、同枚数のプレイヤーすべてに書かれている点数が入ります。

さらに、食べたピースのホイップを合計し、得点とします。

終了と勝利条件

終了条件
  • 全てのケーキの分配が終わる(5セット分)
勝利条件
  • ゲーム終了時、最も得点が高い

ゲームレビュー

ルールはシンプル、見た目もきれいで美味しそう、というゲームです...が、実態はシビアな切り分け計算合戦というゲームですね。

自分が集めているケーキのピースはしっかり確保したい、だけれど他のプレイヤーにはこっちのピースを渡したくない...などと考えながら切り分けをしていく必要があります。

ホイップクリームだけを集めていても勝てず、同じ種類のピースを集めていく必要がありますが、運と他のプレイヤーの思惑とが交じり合って思うようにいかないのが楽しいです。

切り分けに相当悩むホガチョ

ピースに書かれた数字分だけピースがありますので、得点が高いピースは、より多くのピースを集める必要があります。

なのですが、ゲーム開始時に2枚のピースが除外されるので、必ずしもすべてのピースが出るかどうかはわからないのもキモですね。

数字が3のモンブランなんかは、2枚集めるだけで確実に勝利となりますが、点数の高いチョコケーキなどは枚数もあるので、簡単には独占できないワケです。

切り分けた人の次からケーキを取っていくので、最後に残ったピースは自分が引き取ることになります。

そのため、他のプレイヤーが欲しいであろうケーキと、自分が欲しいケーキをうまくバランスさせながら切り分けるのがとても悩ましく、一緒にプレイした人は皆、悶絶しながら切り分けていきます!

家族と友人の感想

カイチョ
カイチョ

皆さんのレビューやゲーム紹介を見てシンプルな奪い合いになるだろうなーと思っていましたので、買うのをためらっていたのですが、ナゴリーも小学生になったので買ってみました。やっぱりシビアなゲーム性ではありますが、ファミリーゲームとしても楽しめますね。外箱のサイズも小さくて手軽なのもいい。

ゲーム情報

ゲームデザインジェフリー・アラーズ(Jeffrey D. Allers)
アートワークハラルド・リースケ(Harald Lieske)
制作/販売Winning Moves Germany
ニューゲームズオーダー  
受賞歴など
ゲーム名もっとホイップを!
原 題Piece o’ Cake
プレイ人数2~5人
対象年令8歳~
プレイ時間20分
参考価格(¥)1,800円
ボードゲームもっとホイップを! 日本語版 (Piece o’ Cake)(駿河屋)

コメント

タイトルとURLをコピーしました