ドキッと!アイス【ボードゲーム紹介】

~20分

らなとパパ
2~4人   20分   8歳以上

ゲーム概要

手軽に遊べる、アイスを取り合うトリックテイキングゲームです。

おすすめポイント
  • 手軽に適度に悩ましい
  • ルールが簡単、わかりやすい
  • イラストが可愛らしい
要検討ポイント
  • もっと判断に悩みたい人には軽すぎるかも

5色のアイス(カード)があり、親が場に1枚を出して、時計回りに次の人から同じ色のカードを出していかねばなりません。

このとき、親が出したカードの色を持っていない場合に限り、違う色のカードを出すことができます。

全員がカードを出し終えたら強さ比べです。

出されたカードがみんな同色であれば、数字の大きい人が勝ち。

同色なので最も大きい13の勝ち

1枚でも、色違いのカードが出されている場合は数字の小さい人が勝ち、となります。

色違いのカードとなったので、最も小さい3の勝ち

勝った人は、勝ったカードと同じ色のアイスを獲得し、自分のコーンに乗せていきます。

ここで、4個目のアイスをゲットしてしまうと、アイスが崩れてしまい脱落(0点)となってしまいます。

アイスとトッピング アイス右下に水色の☆マークがあるものを引くと、さらにトッピングがもらえる

次の番は、勝った人が親になって開始します。

こうして手番を繰り返し、全員が手札を使い切るか、誰かが脱落(アイス4個目ゲット)してしまうと1ラウンドが終了です。

積み上がったアイスの個数と、トッピングの数がそれぞれ1点づつになり、その点数分の満足度チップをもらえます。

満足度チップ

終了と勝利条件

終了条件
  • 誰かが満足度チップを10点以上集める
勝利条件
  • ゲーム終了時、満足度チップが最も高い

ゲームレビュー

見た目通りの印象で、まずは短時間でゲームをしたい人に向いていると思います。

ゲーム会のアイスブレイク役としても良いのではないでしょうか。

我が家ではアークライトゲーム賞をとったのと、絵柄が可愛らしいので娘向けに買ってみたのですが、家族で手軽にトリックテイキングを楽しむのに重宝しています。

かわいい絵柄

ものすごい悩ましい!という感触ではなく、適度な悩ましさと絶妙にアイス3個を積み上げたときの嬉しさがいい塩梅ですね。

序盤から攻めて勝ちに行くと、後々アイスを取らされて4個になって脱落させられたりします。

手札をマネジメントしながら、負けるべきときは負けて、勝つべきときは勝つか、どうやってカードをきっていくかが楽しいです。

点数計算もアイス1個に1点、トッピング1個に1点とわかりやすいのも、とっつきやすさにつながっていると思います。

家族と友人の感想

カイチョ
カイチョ

アイスを取りすぎてもダメ。だけどギリギリ3個まで積みたい!と思うドキドキ感がいいですね。コンポーネントがどれも可愛らしく、小道具のコーンとアイスチップもよくできているなーと思います。

ホガチョ
ホガチョ

えにちこと一緒になって、他の人のアイスを4個積ませるのが楽しい。

ゲーム情報

ゲームデザインらなとパパ
アートワーク井上磨
制作/販売アークライト(Arclight Games)
受賞歴などアークライトゲーム賞2020最優秀賞
ゲーム名ドキッと!アイス
原 題
プレイ人数2~4人
対象年令8歳~
プレイ時間20分
参考価格(¥)2,200円
ボードゲームドキッと!アイス(駿河屋)

コメント

タイトルとURLをコピーしました