街コロ(MACHI KORO)【ボードゲーム紹介】

~30分

菅沼 正夫(Masao Suganuma)
2~4人   30分   7歳以上

ゲーム概要

施設カードとサイコロを使って、資金を集め、街を発展させていくゲームです。

おすすめポイント
  • ルールが簡単でわかりやすい
  • 自分の街が発展していくのが楽しい
要検討ポイント
  • 自分の街を発展させるのが主体であるため、ソロプレイ気味 
  • サイコロ運が大きめ

順番が回ってきたプレイヤーは、まずサイコロを1つ(ランドマークの駅を建てたら2個振ってもよいです)振り、出目に応じた施設からコインをもらいます。

その後、持っているコインを使って場に出ている施設カードを1枚購入するか、ランドマークカードを建てることができます。

青:誰のターンでも数字がでたらコイン 緑:自分のターンのみ 紫:大型施設 赤:他のプレイヤーからコインをもらう

それぞれのカードには、サイコロの出目に応じた効果や、特殊な効果を発揮する内容が書かれています。

これを繰り返し、4つのランドマークをすべて建てた人が勝ちとなります。

4つのランドマーク 建てる順番は自由

終了と勝利条件

終了条件
  • 誰かが自分のランドマーク4つを建設する
勝利条件
  • 自分のランドマーク4つを建設する

ゲームレビュー

菅沼氏がつくった、ドイツ年間ゲーム大賞にもノミネートされたことのあるゲームです。

1個か2個のサイコロを使って、各カードに書かれた数字と同じ目が出ると資金がもらえるというシステムなので、直感的にわかりやすいのが良いですね。

共通の場からカードを得ますが、自分専用の街を発展させていくため、ソロプレイ気味のゲームにはなります。

ただ、相手の手番であっても資金をもらえるカードがあったり、それほど攻撃要素は高くありませんが、相手から資金を奪えるカードもあったりとゲームに集中させる仕組みは考えられていますね。

拡張の「街コロ+(プラス)」や「街コロ#(シャープ)」もあり、もう少しカードに変化が欲しい場合は追加購入できます。

複雑なルールは無いので、あまりボードゲームに慣れていないひとでも、とっつきやすいと思います。

それほど長考になることもなく、ほどよい軽さでプレイしやすいですね。

家族と友人の感想

カイチョ
カイチョ

あえてサイコロ1個のみを使っていく戦術であったり、2個振る場合は、ついつい期待値がもっとも高い7前後のカードを集めてしまう戦術をとってしまいます。ですが、それだけでは必ずしも勝てないのが、このゲームの妙ですね。

ゲーム情報

ゲームデザイン菅沼 正夫(Masao Suganuma)
アートワーク
制作/販売グランディング(Grounding)
受賞歴などドイツ年間ゲーム大賞 2015 ノミネート
フランス年間ゲーム大賞 2015 ノミネート
ゲーム名街コロ
原 題MACHI KORO(英題)
プレイ人数2~4人
対象年令7歳以上
プレイ時間30分
参考価格(¥)3,667円
ボードゲーム街コロ(駿河屋)

コメント

タイトルとURLをコピーしました