新・キング・オブ・トーキョー(King of Tokyo: Renewal)【ボードゲーム紹介】

~30分

リチャード・ガーフィールド(Richard Garfield)
2~6人   30分   8歳~

ゲーム概要

トーキョーを舞台に、怪獣になって暴れまわり、得点を得るか、1匹だけで生き残ることで勝利を目指すゲームです。

おすすめポイント
  • ジャラジャラと沢山のサイコロを振るのが楽しい
  • トーキョーを舞台にバトル!
要検討ポイント
  • 拡張が無いとモンスターの差異がない
  • ダイス運が大きく結果に影響する
トーキョー都心とトーキョー湾

勝利条件はもう一つあり、自分以外の怪獣を倒して、自分だけが生き残っても勝利となります。

ミニスタンド付きの怪獣たち

自分の番にできることは、特殊なサイコロを振って、その目を確定させていくことです。

サイコロは出た目を好きなだけキープしながら、2回まで振り直しができます。

サイコロの出目によって、得点、体力回復、攻撃、エネルギーキューブの取得ができます。

数字が得点、イナズマがエネルギーキューブ、ハードが体力回復、爪が攻撃

サイコロで同じ数字を3つ出せると、その数字が得点になり、さらに同じ数字が出た場合はサイコロ1コごとに+1点が得られます。

「2」の目が4コ出た場合は、2+1で3点になるというわけです。

緑のエネルギーキューブ

エネルギーキューブは、必要数消費することで、場に出ている3枚の特殊技能カードを獲得することができます。

特殊技能カードは、攻撃に有利な能力を得たり、勝利点を得たりすることができるカードで、1回使い切りのものから、永続的に保持できる能力があります。

怪獣のボード左上の星が勝利点、右下のハートが残り体力

トーキョーに陣取ると、毎ターン星をもらうことができますが、他のモンスターの攻撃を一身に受けなければなりません。

また、トーキョーにいる間は、サイコロのハートの出目による回復ができません。(技能ではできます)

反対に、トーキョーからは他の全モンスターに一気に攻撃することができます。

トーキョー外のモンスターに攻撃された場合は、ダメージを受けますがトーキョーから一旦逃げ出すこともできます。

こうして手番を順番に繰り返していき、誰かが星20点を獲得するか、他の怪獣を打倒したらゲームの勝者となります。

終了と勝利条件

終了条件
  • 誰かが星を20点獲得する
  • いずれかの怪獣が1匹だけ生き残る
勝利条件
  • 星を20点獲得する
  • 自分の怪獣以外をすべて打倒する

ゲームレビュー

マジック:ザ・ギャザリングやデュエルマスターなどのTCGのデザイナーである、リチャード・ガーフィールド氏の作品です。

コンポーネントの見た目通り、怪獣大暴れゲームなので男子はワクワクします。

基本的にサイコロ運に左右されるゲームとなりますが、出目の選択やパワーアップのさせ方については考えなければなりません。

とはいえ、ある程度大雑把なゲーム性なので、古き良きダイスゲームといった感じも受けますね。

どこまでトーキョーで踏ん張れるかがキモでございます。

巨大ロボや宇宙人もいる 怪獣たち

拡張の「新・キング・オブ・トーキョー:パワーアップ」を入れると、怪獣ごとに特殊な進化能力を得ることもでき、より怪獣バトルっぽさが味わえます。

追加のサイコロ 特殊能力カードによって追加で振れることがある

緻密に戦術を立てて戦うゲームではありませんが、怪獣バトルの雰囲気がよくでており、特に男の子同士で遊ぶのが人気のゲームです。

家族と友人の感想

カイチョ
カイチョ

豪快にサイコロを振って殴り合う感じが楽しいです。トーキョー外から安全に勝利点を獲得するもよし、トーキョーに入って暴れまわるも良し、です。拡張の「パワーアップ」を入れると、それぞれの怪獣に特徴づけされるので、燃えますな。テーマ的には、やっぱり男の子向けです。もちろん、おっさんでも楽しー。

ゲーム情報

ゲームデザインリチャード・ガーフィールド(Richard Garfield)
アートワーク
制作/販売イエロ(IELLO)
受賞歴など
ゲーム名新・キング・オブ・トーキョー
原 題King of Tokyo: Renewal
プレイ人数2~6人
対象年令8歳~
プレイ時間30分
参考価格(¥)4,950円
ボードゲームリチャード・ガーフィールドの新・キング・オブ・トーキョー 日本語版 (King of Tokyo)(駿河屋)

コメント

タイトルとURLをコピーしました