カヤナック(KAYANAK)【ボードゲーム紹介】

~20分

ペーターパオル・ヨーペン(Peter-Paul Joopen)
2~4人   10~20分   4歳~

ゲーム概要

A4 の紙を氷に、鉄球を魚にみたてて磁石の針で釣り上げる、ワカサギ釣りを楽しめるキッズゲームです。

おすすめポイント
  • なんといっても氷(紙)に穴を空けて釣るのがたのしい
  • 釣り竿やコマ、鉄球などのコンポーネントが豪華
要検討ポイント
  • サイコロ運のゲームになるので、子ども向け
白い白クマサイコロと上級ルール用の青いサイコロ

自分の番がきたら、白クマサイコロを振り、目に応じて以下のアクションをおこないます。

  • 白クマ :点の数だけ、穴マスを移動できる
  • ピッケル:点の数だけ、ピックをつかって自コマ周辺に穴を開けられる
  • 魚   :点の数だけ、空いた穴から魚を釣ることができる
  • 星   :点の数だけ、上記アクションを組み合わせて行える
青い線でエリア分けされており、上級ルールで進入禁止にできたりする

釣り上げた魚は、小さい鉄球が1点、大きい鉄球が2点になります。

付属の魚入れと魚の鉄球 小さいのが1点、大きいのが2点

こうして順番にアクションを行っていき、誰かが10点分の魚を釣り上げるとゲーム終了です。

ピッケル兼釣り竿 糸の咲には磁石付き 氷チップと進入禁止チップは上級ルール用

また、6歳以上推奨となりますが、上級ルールということで1つサイコロが追加され、進入禁止のエリアができたり、穴がふさがれたりするアクションをふやすことができ、考える要素をふやせます。

自分の白クマコマの周りに穴をプスプス開ける

終了と勝利条件

終了条件
  • 誰かが10点(上級ルールは15点)分の魚を釣る
勝利条件
  • 点数(魚ポイント)を多く獲得する

ゲームレビュー

もう見た目から可愛らしいですが、箱とA4の紙、磁石の釣り竿をつかって魚釣りをするというコンポーネントがワクワクしますね。

単に磁石で鉄球を釣り上げるアクションだけでなく、氷にみたてた紙をプスプスあけていくアクションがもうそれだけで面白い。

だいぶ穴が開いてきましたな

ゲーム性としては、サイコロと魚鉄球の配分がランダムなので、運要素が強いゲームですが、他のプレイヤーを邪魔する要素も入れることができるので、ちょっと考えられる要素もありますね。

コンポーネントが豪華な分、価格が高めにはなってしまいますが、小さなひとと遊ぶ機会がある方は、持っておいても良いと思います。

かわいい白クマコマ

「すごろくや」さんで、鉄球のみでも個別に購入できます。

鉄球がわらわらと釣れると楽しいですね。

家族と友人の感想

ナゴリー
ナゴリー

自分が穴を開けるばっかりで、ほかの人にその穴で釣ったりされると、くやしい~

カイチョ
カイチョ

コンポーネント勝利!という感じのゲームですね。釣りのアクションをするだけでも楽しい。昔、紙と磁石でよく魚釣りゲームをつくっていたのを思い出しました。4歳からできますので、小さなひとが来た際には良く活躍しているゲームです。

ホガチョ
ホガチョ

穴をボコッと開けていくのが楽しい。でも釣っても1匹もつれないことがあったりすると悲しみ。

ゲーム情報

ゲームデザインPeter-Paul Joopen(ペーターパオル・ヨーペン)
アートワークOliver Freudenreich(オリバー・フロイデンライヒ)
制作/販売HABA(ハバ)
受賞歴などドイツ年間ゲーム大賞1999年キッズゲーム賞
ゲーム名カヤナック
原 題KAYANAK
プレイ人数2~4人
対象年令8歳~
プレイ時間10~20分
参考価格(¥)6,380円
ボードゲームカヤナック 多言語版 (Kayanak) [日本語訳付き](駿河屋)

コメント

タイトルとURLをコピーしました