インカの黄金(Incan Gold)【ボードゲーム紹介】

3人

ブルーノ・フェイドゥッティ(Bruno Faidutti)
アラン・ムーン(Alan R. Moon)
3~8人   20分   8歳以上

ゲーム概要

冒険家となって、罠を避けながら遺跡の奥へと進んでいき、宝石や宝物を得るチキンレースです。

どういうところがチキンレースなのかというと、遺跡を進むことで出現する障害が2枚、同じ種類出てしまうと、冒険家は遺跡から逃げ出して宝石をすべて失ってしまうからです。

おすすめポイント
  • シンプルなルール、行くか戻るか選ぶだけ
  • 相手や自分の得点を考えつつ、リスクをとるかギャンブル要素
  • 8人までできて、皆でワイワイ楽しめる
  • 多人数でやっても同時に進行していくのでダウンタイムが小さい
要検討ポイント
  • 行くか戻るかの選択のみなので、考える要素は小さめ
  • ギャンブル要素が大きめなので、好き嫌いあるかも

ルールはシンプルで、冒険家(プレイヤー)たちは「進む」か「戻る」かを選択し、その後1枚づつめくられる遺跡に潜っていきます。

「戻る」宣言カードと「進む」宣言カード 裏にしておいて、全プレイヤーで一斉に開いて宣言する

その際に宝石が出れば「進む」を選んだプレイヤー間で山分け、端数の宝石はその場に置いていきます。

また、時折レアな宝物カードも出てきますが、すぐには獲得できません。

宝物カードと道に残してきた宝石は「戻る」を選択すればもらえますが、同じタイミングで「戻る」を選んだプレイヤーと山分けになってしまいます。

さらに、宝物カードは1枚しかないので、一人だけ「戻る」を選択したときしかもらえません。

宝石コマ1点、5点、10点 テントの中に入れておく

さて、もちろんタダで宝石がもらえるわけもなく、ここで登場するのが障害カードです。

ゾンビやヘビ、炎の罠などの障害があり、1枚めは「予兆」ということで何も起きません。

しかし、予兆で出ているカードの2枚めを引いてしまうと、「進む」を選んでいた冒険家たちは遺跡から逃げ出してそれまでに得た宝石をすべて失ってしまい、ラウンド終了となります。

そのため、ハラハラしながらも、いかに踏ん張って遺跡を進んでいくかが勝負どころとなります。

終了と勝利条件

終了条件
  • 全5ラウンドの遺跡探索が終了したとき
勝利条件
  • 5ラウンド終了後、得点(宝石と宝物)が最も高い

ゲームレビュー

ルールがシンプルで、目的もわかりやすいので、誰でも気軽に遊べる良ゲームですね。

運の要素も大きいため、ギャンブルで勝てることもあり、初めてのボードゲームに触れる方ともすぐにプレイできるので、初めてのゲーム会で人数が多い場合はよく持ち出してきて遊んでいます。

値段も手頃な価格で、宝石トークンもそれっぽく、ワクワクした冒険心をくすぐる良作です。

考えどころは少ないので、何度もプレイすると飽きてきますが、ゲーム会で時々遊ぶとやっぱり皆で遊べるシンプルルールなのが良いなー、と思います。

また、言語依存は皆無なので、ルールさえ分かれば日本語版でなくとも問題ありません。

高得点の宝物

家族と友人の感想

ホガチョ
ホガチョ

チキンレースだけど、宝石をたくさんとれた時の達成感がすごい。みんなで楽しめるところがいい。

カイチョ
カイチョ

私はチキンハートなので、どこかで早めに見切りをつけて遺跡から脱出しますが、脱出後に宝石が17個とか出るとくやしい~

ゲーム情報

ゲームデザインブルーノ・フェイドゥッティ(Bruno Faidutti)
アラン・ムーン(Alan R. Moon)
アートワークマサイアス・カトライン(Matthias Catrein)
制作/販売アークライト(Arclight)
受賞歴など
ゲーム名インカの黄金
原 題Incan Gold
プレイ人数3~8人
対象年令8歳~
プレイ時間20分
参考価格(¥)3,500円
ボードゲームインカの黄金 新版 完全日本語版 (Incan Gold – 2018 Edition)(駿河屋)

コメント

タイトルとURLをコピーしました