犯人は踊る【ボードゲーム紹介】

~20分

鍋野 ぺす(Nabeno Pesu)
3~8人   10分   8歳~

ゲーム概要

人から人へ渡っていく犯人カードの持ち主を当てるか、犯人カードを持って最後まで逃げ切ると勝ちとなるカードゲームです。

おすすめポイント
  • 多人数でワイワイ手軽に楽しめる
  • 犯人カードが渡り歩くのが面白い
  • ルールが簡単、短時間で気軽に遊べる(あと価格も安い)
要検討ポイント
  • 運要素があり、パーティーゲーム寄り

「第一発見者」のカードを持っている人から、そのカードを出すことでゲームスタートとなります。

個人的に好きなカード「一般人」(何も効果なし)

自分の番が来たら、手札から1枚を選んで場に出すだけで、そのカードの効果を発揮します。

カードには様々な効果があり、誰かのカードを見ることができる「目撃者」、誰かとカードを交換できる「取り引き」、全員でカードを交換し合う「うわさ」「情報交換」などがあります。

こうして誰かが下記の勝利条件を満たすまで、順番に繰り返していきます。

終了と勝利条件

終了条件
  • 誰かが下記の勝利条件を満たす
勝利条件
  • 「探偵」カードで「犯人」を当てる
  • 「いぬ」カードで「犯人」カードを引き当てる
  • 「犯人」カードを、手札が1枚(最後)のときに出す

ゲームレビュー

漢字にはふりがなもふってありますし、小学生低学年でも簡単に遊べます。

自分が「犯人」カードを持っているとドキドキしますが、それがまた楽しい。

「アリバイ」カードがあれば、「あなたが犯人だ!」と言われても「犯人じゃないよ!」と返せますので面白いです。

「犯人」カードを持っている人がわかる、「少年」の効果は人狼みたいで、これも面白いですね。(でもすぐに「犯人」カードが誰かに回っていくけど)

システム的にはババ抜きのババのように犯人カードがプレイヤー間を渡っていくのですが、他に様々な効果があるカードがあって、第3版では大分洗練されていますね。

ただ、ゆるーい感じのイラストは変更されていませんので、やっぱりゆるーく手軽に遊べる感覚に変わりなくて楽しくプレイできます。

ちょっとした時間で子どもと大人が一緒に遊べるカードゲームで、我が家でも出番が多いですね。

どうしてもカード運の要素があるパーティーゲームの部類になりますので、ガチンコゲーマーの方にはおすすめできませんが、アイスブレイクにも活躍してくれるゲームです。

家族と友人の感想

ホガチョ
ホガチョ

友達が来たとき、よくやります。

犯人になるのが楽しい。

カイチョ
カイチョ

イラストの見た目どおり?のゆるく楽しく遊べるゲームですね。子どもたちが友達を連れてきてくれたときや、ゲーム会の折にパッと遊ぶのに、よく遊んでいますね。量販店などでも流通していて、手に入りやすいのもイイ。

ゲーム情報

ゲームデザイン鍋野 ぺす(Nabeno Pesu)
アートワーク鍋野 たま (Nabeno Tama)
制作/販売鍋野企画(NabenoKikaku)
すごろくや
受賞歴など
ゲーム名犯人は踊る
原 題
プレイ人数3~8人
対象年令8歳~
プレイ時間10分
参考価格(¥)1,200円
ボードゲーム犯人は踊る 第三版(駿河屋)

コメント

タイトルとURLをコピーしました