ハゲタカのえじき(Hol’s der Geier)【ボードゲーム紹介】

~20分

アレックス・ランドルフ(Alex Randolph)
2~6人   15分   7歳~

ゲーム概要

各自共通に配られた数字カードを使って、得点の書かれたハゲタカカードを奪い合うカードゲームです。

おすすめポイント
  • 短時間で手軽に遊べる
  • 他のプレイヤーとの心理戦
  • グループでワイワイ盛り上がる火付け役
  • 言語依存なし

各自共通に配られた1~15の数字カードを使い切りの手札として、10から-5点のハゲタカカードを奪い合います。

プラスのカードを取るためにも、マイナスのカードを取らないためにも数字が大きいほうがいいのですが、他のプレイヤーと同じ数字カードを出してしまうとそのカードは無効(バッティング)になります。

この場合は10がバッティングして無効、次の7のカードを出した人が勝ち

<<相手の目を見る。そして、そいつの頭をちょいと覗くのさ。 -ストリート・サムライ Edge->>

終了と勝利条件

終了条件

・15ラウンドをプレイ

終了条件

・獲得した点数合計が最も多い

ゲームレビュー

各プレイヤーにカードを配って山札をセットして、すぐにゲームを始めることができます。

皆で一斉にカードを一枚出して数字を比べあうだけのゲームですが、バッティングのルールがあるだけでこんなにも面白くなるのか、というシンプルでありながら心理の読みあいができるゲームですね。

ゲームデザイナーであるアレックス・ランドルフさんの、シンプルにゲームシステムを突き詰めていくデザインには感心するばかりです。

6人までプレイできますし、価格もお手頃なので手に取りやすく、これからゲームを買っていきたいという方にもおすすめですね。

我が家では、初めてボードゲームやカードゲームをプレイする方がいるときや、ゲーム会の初めにアイスブレイクとして、また時間調整にとこのゲームを出してきて遊ぶことが多いです。

家族と友人の感想

ちゃーさん
ちゃーさん

作戦を考えてカードを選んでも、思ってもみなかったバッティングがあったり、大どんでん返しが起こるのが面白い。

カイチョ
カイチョ

短時間でサクッとできることもあり、初対面同士であっても、打ち解けるためのアイスブレイクとして出しやすいですね。考え方の波長が合う人と何度もバッティングしたときは、思わず変な声が出てしまいます。

対象年齢の通り、小学1年生も楽しくプレイできます。

ゲーム情報

ゲームデザインアレックス・ランドルフ(Alex Randolph)
アートワーク
制作/販売メビウスゲームズ(Mobius Games)
受賞など1988年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート
ゲーム名ハゲタカのえじき               
原 題Hol’s der Geier
プレイ人数2~6人
対象年令7歳~
プレイ時間15分
参考価格(¥)1,400円 
ボードゲームハゲタカのえじき 日本語版 (Hols der Geier)(駿河屋)

コメント

タイトルとURLをコピーしました