エバーデール(Everdell)【ボードゲーム紹介】

~45分

James A. Wilson(ジェームズ・A・ウィルソン)
1~4人   40~80分   13歳~

ゲーム概要

エバーデール谷を舞台に、ワーカーである動物コマをつかって新しい街を開拓する、ワーカー配置(ワーカープレイスメント)ゲームです。

ゲームテーマ

魅力あふれるエバーデール谷。そびえ立つ大樹の枝の下、森の動物たちの文明が花開いています。

霜の降りる冬から鈴の音が響く秋まで、多くの歳月を重ね、更なる土地を整え、新しい街を開拓する時が来ました。

あなたはそのような仕事に熱心な動物の群れのリーダーです。建物を建設し、やる気あふれる動物を迎え、年中行事の主催者となって、忙しい1年を過ごすことでしょう!

冬の月が昇る前に、あなたの街の上に太陽は微笑むでしょうか?(Arclight Gamesホームページ

おすすめポイント
  • ワーカーを使って街を発展させていく
  • 美麗なアートワーク
  • ワーカー配置かカード使用のシンプル2択
要検討ポイント
  • イラストは可愛いが、しっかりルールの理解が必要

自分がつくる街は、15枚のカードを上限としたカードで構成することができます。

配置するカードは、建物カードであったり、街の住人である動物カードであったりして、これらのカードはそれぞれ特別な能力を持っています。

また、共通の場にはカードを出すためのリソースやカードを得られたり、勝利点を得られたりする区画(マス)があり、ワーカーを配置することでそれらを獲得できます。

「足」マークにワーカーを配置できる
広場

なお、自分以外のプレイヤーの街であっても、「オープン」と書かれた他プレイヤーのカードスペースが空いていれば利用することもできます。

自分のワーカーコマをすべて使い、「次の季節の準備」を行うと季節が移り変わり、自分のワーカーコマをすべて手元に戻して、さらに追加のワーカーコマを獲得できます。

ワーカーコマ かわいい

そのため、季節の移り変わるタイミングはプレイヤーによって異なることになり、最後の季節である秋を終えたプレイヤーからゲームを抜けていきます。

また、本ゲームには1人(ソロ)用ルールがあり、ラグワートという年老いたネズミと、その手下たちと対戦するというモードもあります。

終了と勝利条件

終了条件
  • 全員が4つの季節(冬~秋)を終える
勝利条件
  • もっとも勝利点を得る

ゲームレビュー

各プレイヤーのゲームの進め方によって、季節が終わるタイミングがプレイヤーによって変わるところは一つの特徴ではありますが、ゲーム内容としては比較的スタンダードなワーカープレイスメントゲームという印象です。

ある程度、手札の状況によって出していく順番は決まりがちではありますが、どのようにカードを出してコンボをつくれば得点が伸びるのか、しっかり考えながら出していく必要があるのでゲームバランスは良好だと思います。

カードの内容を把握して、どんなコンボができるのかが分かってこないと、なかなか勝ちにいけないゲームですが、そこが慣れてくると、より面白くなってきます。

15枚(例えば3✗5)で自分の街を形づくる

カードのコメントやイラスト、さらにマニュアルには丁寧な世界観説明されており、動物たちが織りなすファンタジックな世界の雰囲気がよく出ています。

ゲームボードについても、毎回、森カードをランダムに引いて決める配置場所もありますので長く楽しめると思います。

また、拡張もいくつか発売されており、これもまた同じ世界観で世界を広げて遊べますね。

家族と友人の感想

カイチョ
カイチョ

アートワークの雰囲気が良く、カードのコンビネーションも考えていくゲームだったので、購入してみました。まだ、あまり回数が遊べておらず、チョージョのナゴリーもプレイできていませんが、これからじっくりとやり込んでいきたいゲームです。

ゲーム情報

ゲームデザインJames A. Wilson(ジェームズ・A・ウィルソン)
アートワークAndrew Bosley(アンドリュー・ボスレー)
制作/販売STARLING GAMES
CMON Limited
Arclight Games
受賞歴など
ゲーム名エバーデール
原 題Everdell
プレイ人数1~4人
対象年令13歳~
プレイ時間40~80分
参考価格(¥)8,580円
ボードゲームエバーデール 完全日本語版 (Everdell)(駿河屋)

コメント

タイトルとURLをコピーしました