コヨーテ(COYOTE)【ボードゲーム紹介】

~30分

スパルタコ・アルバタレッリ(Spartaco Albertarelli)
2~10人   20~30分   10歳~

ゲーム概要

1枚ずつ配られる札を、自分は見えないように額に掲げて他のプレイヤーの持つ札の数字や態度から、合計値を推理するゲームです。

おすすめポイント
  • 多人数でもワイワイ盛り上がれる
  • わかりやすいシンプルルール
要検討ポイント
  • 数字のたし算と、×2の暗算が必要
  • ゲーム途中での脱落がある

ゲームがスタートすると、各プレイヤーに1枚づつ手札を配ります。

配られた手札は、裏向きのまま自分の額に掲げて、他のプレイヤーに見えるようにしますが、自分では見えないように持ちます。

マイナスからプラスの数字カード

手番が回ってきたら、数字を宣言するか、「コヨーテ」を宣言します。

数字を宣言する場合は、必ず前の手番のプレイヤーが宣言した数字よりも大きな数字を宣言しなければなりません。

もし、プレイヤー全員が持っている札の合計値が、前手番のプレイヤーが宣言した数字を超えていると思ったときは、「コヨーテ!」を宣言し、自分を含めた全プレイヤーの手札をオープンにして合計値を出します。

前手番が宣言した数字が、プレイヤーの数字合計を超えている場合、「コヨーテ」宣言は成功となり、前手番のプレイヤーは命をひとつ失います。

前手番が宣言した数字が、プレイヤーの数字合計以下であるか、ピッタリの数字だった場合は「コヨーテ」失敗となって自分の命をひとつ減らします。

こうして命を3つ失ったプレイヤーは、ゲームから脱落となり、最後の一人となるまでゲームを行います。

命を表すカード 初めは黄色の2、失敗すると赤の1、さらに失敗でカードを捨てる

構成されるカードのうち、特殊な効果を持ったカードもあります。

特殊カードは合計値を2倍にしたり、もっとも高い数字を強制的にゼロに読み替えたりする効果があり、これによって思わぬ効果が生まれます。

特殊カード

終了と勝利条件

終了条件
  • プレイヤーが最後の一人になる
勝利条件
  • 脱落せずに最後まで生き残る

ゲームレビュー

テーマとしては、ほぼノンテーマに近く、トランプゲームでのインディアンポーカーと同様のゲームです。

特殊な効果をもったカードがあるのと、持ちやすく見やすい形状のカードやカード裏面に、全部のカード枚数が明示してあるので遊びやすいのがいいですね。

カードの裏面 ゲームで使用するカードの枚数が書いてある

重要なのは、他プレイヤー手札の数字、これまでに出たカードのカウンティング、みんなが宣言する数字からの合計の推測です。

システムとしてはこのようにシンプルですが、このゲームのキモはやっぱり人間同士で遊ぶ、駆け引きが楽しめるところですね。

「あ~それか~、ナルホドナルホド...」「ぬふぅ。ぬふふふ。」「え~!それ言っちゃう!?」といった他のプレイヤーのリアクションも面白く、ひっかけ合戦になっても楽しいです。

価格も安めなので、手に取りやすいのではないでしょうか。

ちょっとしたパーティーゲームとして、一家にひとつあっても良いかと思います!

家族と友人の感想

カイチョ
カイチョ

他のプレイヤーの宣言を参考にして、合計値を考えますが、当然、宣言した人が予想した数字が合っているワケではないので、混乱させられます。あえてギリギリを攻めた数字を宣言したり、実は×2カードを自分が持っていて全然大きな数字であったり...遊べる人数も多いので、お手軽なパーティーゲームとして活躍してくれます。

ゲーム情報

ゲームデザインスパルタコ・アルバタレッリ(Spartaco Albertarelli)
アートワークアンジェリーケ・レニアー(Angélique Renier)
タンサンアンドカンパニー(Tansan & Co.)
キアラ・ベルセシ(Chiara Vercesi)
制作/販売ニューゲームズオーダー(Newgames Order)
受賞歴など
ゲーム名コヨーテ
原 題COYOTE
プレイ人数2~10人
対象年令10歳~
プレイ時間20~30分
参考価格(¥)1,800円
ボードゲームコヨーテ 日本語版 (Coyote)(駿河屋)

コメント

タイトルとURLをコピーしました